本日はNHK文化センターにて『校閲記者の「すごい」技術』と題されたセミナーを受講してきました。
毎日新聞の元校閲部長である渡辺静晴さんのご講演でした。

最初に「校閲」について、作業や流れの説明があり、あとは具体例、そして最後に実践。それから質疑応答。随時、渡辺先生からのポイント解説が添えられました。

出版とは違う新聞社だからこその作業環境などについても言及があり、また校閲の内容としては文字以外の写真加工やそれに伴うキャプションの重要性も語られました。新聞だからこその本日の日付と「今日」、「明日」、「今月」、「今年度」との関連性、心理的とも言える思い込みによる読み過ごしなどの重要ポイントも語られました。

実践してみると、いかに読み落としてしまうかなどもよく分かるもので、大変勉強になりました。