本日のTACセミナーでは、カトリオーナ・ワトソンさんによる「そもそも、サイバー・セキュリティとは何なのか?」は大変興味深く聞くことができました。
紹介されたウィルスやマルウェアには初見のものもありました。
また、こういったセキュリティについては「教育」が重要であるということ。
情報が利用(悪用)されることによって被る影響を正しく認識し、それを回避する手段を講じなければなりません。平和神話が通用しないインターネットだからこそ、より一層の対策が必要です。

http://jat.org/ja/events/event/cyber_security