http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01d666y7ymvr.html

谷川俊太郎さんというのはメディアで伺うとおりのチャーミングな方でした。
司会の方よりも率先してイベントを進めてくださるし。
詩の朗読もいくつかあって、非常に味わい深い読み方をしてくださって、ユーモアのあるコメントを挟んだり。

翻訳の長山さんはとても人間味に溢れた方で、等身大の姿を見せてくださいました。翻訳家ならではの苦労話といったお話はありませんでしたが、谷川さんは「翻訳もいいね」と気の利いたコメントをしていらした。24歳でオランダに行って、全く知り合いがいないところ、ゼロから人間関係を築いていって~のところは、自らの体験とダブリました。

オランダの出版事情や児童書についてのお話なども交えながら日本の事情もお話くださったり、テレヘンさんについてもたくさんお話くださったり。

トークがあんまり楽しかったので、書籍を購入してしまいました。イラストレータの祖敷大輔さんも会場にいらして、祖敷さんにもサインをいただいてしまいました。読むのが楽しみな一冊です。