https://www.jtf.jp/tools/list_t.do?fn=search&archive=2016

2016年6月30日の翻訳支援ツール説明会では、寺田慶子氏による「OpenTM2」と、影浦峡氏による「みんなの翻訳」が紹介されました。

OpenTM2はツールとしての成熟度が伺えると共に拡張性の高さも十分に感じられました。企業内で使用を継続することで効果が発揮されそうです。Xbenchとの連携できるということ自体が自分にとっては意外であり、新鮮に感じられました。

みんなの翻訳は、翻訳現場のニーズに合わせた翻訳環境であると感じられました。操作のシンプル性のほか、掲示板などの機能が装備されていること、出来上がった翻訳を公開できることなど、プロが業務で使用するツールとはまた違う目的が感じられました。