本日は real news “tech” HACK with エンジニアtype「公共性×編集×テクノロジー」 〜ニュースメディアに求められる使命に、開発者はどう応えるのか〜 なるイベントに参加させていただきました。

ネット上のニュースの話が中心でしたが、翻訳遠からずのところもありました。レイアウトや紙媒体云々の話も言及があったり、UI、UX、コンテキストなんてキーワードが出てくると、マニュアル制作・多言語展開を連想してしまいました。さらにAIや機械学習…。

ニュースアプリともなると、キュレーションサイトの台頭、加速するパーソナライゼーション、そしてアップルニュース、さらに有料制度や独自性。翻訳業界とは距離を感じるところもありますが、必要とされていないはずはないのですがね。

登壇者の方々は豪華なメンバーであった模様(分野違いの自分にはイマイチ…。だけど皆さまからオーラが感じられました)。特筆すべきはTHE GUILDの深津 貴之さん。お話の仕方も端的で、例えも非常に分かりやすかったです。「より良いUIこそ話題にならない、話題になるのはコンテンツ」と言われたのが印象的でした。