http://jat.org/ja/events/show/july_18_tac_tokyo_seminar_expanding_the_definition_of_freelancing_and_a_wor

運営のお手伝いをしていた都合上、後半のワークショップのみお聞きできました。
「モノづくり」に限らず、翻訳しにくい語をどのように表現するかというのは翻訳ならではの難しさと思います。「kaizen」なども言及がありました。
講演者の松尾さまがバイリンガルであるということも功を奏したのか、日英両方で活発なディスカッションが展開され、活気に溢れたワークショップとなりました。