昨日はこちらのイベントへ参加させていただきました。これ、3日間かけての大きなイベントなのですよね。展示スペースも大きいし、企業によってはかなりのスペースを確保していたりして、初参加の時はビックリしました。
特許に強い翻訳会社も出展していたり、翻訳メモリツールのセッションもあるんですよね。
とはいえ、翻訳に関連する展示は控えめといいますか、「ついで」感が伺えるのですが、特許文献の検索や出願支援のためのシステムは目を見張るほどに披露されていました。

自分はいわゆる「特許翻訳」には馴染みが薄いのですが、翻訳業界にとっては一つの大きな分野であり、翻訳メモリツールは大きく活躍している様相が伺えないのですが、機械翻訳は求められているという興味深いところであります。日中・日韓の需要が大きい印象も否めません。