http://www.aamt.info/japanese/act/event/soukai2015.php

AAMT総会と一緒に開催されるMTフェア。
出展社も豪華であったのに、残念ながら展示ブースには伺えませんでした。

ATR TREKさんによる長尾賞受賞講演は興味深かったです。
工場内で雑音交じりの音声を認識すること、そして一般には認識されない用語を認識して翻訳を提供するということは、想像を超える難易度であろうと思いました。

招待講演もとても興味深く聞くことができました。
ドン・キホーテさんというと翻訳業界では馴染みがなく、とはいえ翻訳・通訳の需要は高く伺えるところであり、講演前からとても楽しみでした。ドン・キホーテさんでの海外顧客への対応施策なども、納得の内容であり、お客様の声を反映させる姿勢は素晴らしいと思いました。

もう一つの招待講演、ブリックスさんの講演も非常に興味深く、デバイス・電話・対面で対応できることはそれぞれ異なり、なにごとにも「適材適所」の重要性を改めて認識しました。

モデレーテッドセッションについては、期待以上の内容をお聞きできました。
テクニカルライティング、MTエンジン開発、翻訳会社という3つの視点から、機械翻訳の最新状況と未来への展望が伺えました。
日本での難点もありますが、取り組むべき課題があるということで、邁進できればと思います。

懇親会や総会の場で、ご挨拶させていただいた皆さま、ありがとうございました。
ご挨拶し損ねてしまった皆さま、大変失礼いたしました。