紆余曲折していましたが、ランゲージテクノロジーに関する情報を発信するためのツール専用サイトをリリースしました。中身はまだまだこれからですが、こちらのテクノロジー専用サイトは日本語のみでの公開を予定しています。