とある業界の大先輩に「え、これも読んだことないの?」と促され、手にした一冊。
読む前に大方のあらましを聞いてしまっていたのですが、納得しながら読むことのできた一冊でした。

第二章の「歴史の中の翻訳家」はとにかく興味深く、三蔵法師、フナイン、ティンダル、村田蔵六についてはそれぞれを詳しく学びたいとさえ思いました。少し言及されている杉田玄白やルターについても、その翻訳における所業に興味が尽きません。
そもそもどうして「翻訳」というものがこの世に存在するのか、そんなことが語られているようにさえ思われました。

三章以降については、2001年に初版が発行された内容とは思えないほど、現在も同じ状況が繰り広げられているように思われました。翻訳者、翻訳会社のあり方、そして翻訳学校という産業。翻訳サービスに関するISOがリリースされたこと、翻訳に関する団体が発展したことなど、多少の違いはあるけれど、内容には大きく頷けるところがあり、取り組むべき課題も浮き彫りにされているような。否、以前から分かっていたけれどなんともしようがないということなのか…。

痛いところを突かれる思いをするところもありました。米国の大学で学んだ比較文学の話を日本語ではできない自分がいたり、英語の五文型を知らなかったり。
初めて読んだ「コクトー詩集」の訳が堀口大學でなければ、今ほどコクトーに傾倒しなかったであろうとは思うものの、他に翻訳者として挙げられる名前は少ないのも事実。
また、翻訳に限らず「ものを書く」というのは「やくざな商売だ」という一説も妙に説得力があります。

翻訳には語学習得がつきものではあるも、英語が得意なのと翻訳が得意なのとは直結ではないこと、フリーランスであることの現実などもありていに語られており、「翻訳者」としての独立を考えている人には心構えをするための指南書といえると思いました。

http://www.amazon.co.jp/dp/4816916830